簿記入門

「簿記」は経理の基本ルール

「簿記」とは、帳簿のつけかたを体系的にまとめたルールです。
“ぼき”と読みます。
経理は会社の取引を、簿記のルールに従って記録していく仕事だといえます。
ですから、経理の仕事を理解するためには、簿記の理解が欠かせません。

簿記の基本ルール

簿記の仕組みを一言で表すと、こうなります。
「お金が入ってきた原因を右側に書き、お金が出て行った原因を左側に書く」
 
(左)給料 200,000円  (右)売上 200,000円
 
経理マンの頭の中はいつもこんなふうになっているのです。
「売上が100万円上がった」
「給料を200万円支払った」
「銀行からお金を300万円借りてきた」
「自動車を400万円で購入した」
会社で日々発生する取引には色々な種類がありますが、すべての取引が経理マンの頭の中では上のような1行でとらえられています。お金が右から入って左へ出て行くのです。 ここで、なぜか小難しい言葉が使われていて、「右」とか「左」とかいう言葉は使わない決まりになっています。「右」、「左」と言えば良いのではないかと個人的には思うのですが、昔からのしきたりで、左側のことを「借方」(かりかた)、右側のことを「貸方」(かしかた)と呼びます。なぜそう呼ぶかはあまり意味がありません。ここでは考えないことにしましょう。 このルールに従うと、上の1行は次のように表されます。
 
(借方)給料 200,000円  (貸方)売上 200,000円
 
経理マンの頭の中はすべてこの形です。
このような取引の認識の方法を「仕訳」(しわけ)といいます。

現金の流れに置き換えるとわかりやすい

先の説明では、20万円の売上代金を受け取り、そのお金がそのまま給料として支払われるケースを考えてみました。
しかし、実際にはこのようなケースはありません。
もう少し現実に即した例を考えてみると理解が一層深まります。
20万円の売上が計上できた場合、その代金はおそらく現金として会社の金庫に入ります。
これを仕訳で表現すると、次のようになります。
 
(借方)現金 200,000円  (貸方)売上 200,000円
 
右側(貸方)にはお金が入ってきた原因として「売上」と書かれています。その金額が20万円です。
左側(借方)にはお金が出て行った原因として「現金」と書かれている…?
現金って、お金のことでは???
そうですね。現金こそお金です。お金が出て行った原因が「現金」というのは違和感がありますね。
でも、こんなふうに考えてください。
「現金」というのは、会社に入ってきたお金を一時的に貨幣で保有するという遣い方なのだ、と。
よく似たお金に「預金」があります。会社が品物を20万円で売り、その代金が振込で会社の銀行預金口座に振り込まれた場合を考えますと、こんなふうになります。
 
(借方)預金 200,000円  (貸方)売上 200,000円
 
お金が入ってきた原因は売上です。そして、いったん会社に入ってきたお金を「預金」に遣ったと考えましょう。「現金」とよく似ていますね。
「現金」をお金の遣い方の1種類だと納得できるようになれば、会社の取引をどんどん仕訳で表現することができます。
例えば、
@「売上が100万円上がった」
(借方)現金 1,000,000円  (貸方)売上 1,000,000円
 
A「銀行からお金を300万円借りてきた」
(借方)現金 3,000,000円  (貸方)借入金 3,000,000円
 
など、会社が現金を受け取る取引はすべて同じように表現できます。
 
では、反対に現金が出て行く取引はどのように表現すればよいでしょうか?
お金が出て行く原因は左側に書きます。では、右側は? お金が出て行く取引では右側に何と書けばよいのでしょうか?
答えは、「現金」なんですね。
例えば、現金で給料を20万円支払った場合には、こんなふうに表現します。
 
(借方)給料 200,000円  (貸方)現金 200,000円
 
お金が入ってきた原因ではないのですが、右側には現金と書きます。
ここでもうひとつ簿記のルールを覚えましょう。
「反対側に書くとマイナスの意味」です。
つまり、本来左側に書くべき「現金」を右側に書くのは、現金が減ったことを表現するのです。
でも、ここの理屈がわからなくても深く考えるのは止めにしましょう。
そして、こう覚えれば良いのです。
 
現金が増える取引は、
(借方)現金 ×××円  (貸方)○○○ ×××円
 
現金が減る取引は、
(借方)○○○ ×××円  (貸方)現金 ×××円
 
会社に残った現金の額は、
「左側の現金の額」−「右側の現金の額」
です。
 
このことだけ暗記してしまいましょう。
 
例えば、売上が20万円、給料が10万円発生したとします。
その場合は、
(借方)現金 200,000円  (貸方)売上 200,000円
(借方)給料 100,000円  (貸方)現金 100,000円
と書きます。
会社に残った現金は左側20万円−右側10万円=10万円です。
 
会社で発生する取引は、現金の関係するものばかりではありません。
例えば、売上代金を手形で受け取るケースがあります。
この場合は、
(借方)受取手形 200,000円  (貸方)売上 200,000円
と記録します。
わかりにくければ、現金の関係する形に置き換えて、こう考えます。
 
(借方)現金    200,000円  (貸方)売上 200,000円
(借方)受取手形 200,000円  (貸方)現金 200,000円
 
「一旦現金で20万円の売上がありました。しかし、その代金として受け取った20万円で受取手形という資産を購入しました」と考えるのです。
ここで、右側の現金はマイナスを意味しますので、左側の現金とお互いに打ち消しあって、
(借方)受取手形 200,000円  (貸方)売上 200,000円
となるわけです。

簿記は5つの要素からなる

簿記のルールでは、お金の流れの発生原因を次の5つの要素に分類します。
 
1.「資産」・・・現金、預金、受取手形、有価証券、土地など
2.「負債」・・・買掛金、未払金、借入金、社債など
3.「純資産」・・資本金など
4.「収益」・・・売上高、受取利息など
5.「費用」・・・仕入高、給料、通信費、支払利息など
 
このうち、負債、純資産、収益の3つは、お金が入ってくる原因となるものです。ですから、仕訳で表す時には、原則として右側に出現します。これらが仕訳の左側に出現するのは、負債、資本、収益が減少する場合です。例えば、借入金を返済したり(負債の減少)、売り上げた商品が返品になる(収益の減少)場合です。 残りの、資産と費用の2つは、お金が出て行く原因となるものです。ですから、仕訳で表す時には、原則として左側に出現します。これらが仕訳の右側に出現するのは、資産と費用が減少する場合です。例えば、預金を引き出したり(資産の減少)、仕入れた商品を返品する(費用の減少)場合です。

まず、仕訳 

仕訳のルールを覚えたら、今度は簿記の流れをみてみましょう。
会社では毎日色々な取引が発生しています。売上の計上や、経費の発生などです。
取引が発生するたびに、経理部門では、先に解説した簿記の基本ルールに従って、仕訳として記録していきます。
会社では、この仕訳を記録する用紙として、振替伝票を利用するのが一般的でした。
しかし、現在では仕訳を直接コンピューターに入力する作業方法が一般的です。紙の振替伝票を、手で1枚ずつ記入する作業は省略されている場合がほとんどです。

総勘定元帳に転記する

会社の取引を、仕訳の形式で経理データーに取り込んだら、各科目の残高を把握する作業が必要となります。
従来は、総勘定元帳という帳簿に仕訳をひとつずつ転記して、残高を把握していました。しかし、現在では手書きの総勘定元帳を作成して残高を計算している会社はほとんどありません。コンピューターに仕訳データーを入力すると、自動的に各科目の残高を計算してくれます。 ただし、総勘定元帳は、各科目の内容を把握するために大変有益ですので、現在でもコンピューターからアウトプットして紙のファイルで保存しているのが一般的です。

試算表を作成する

そして、1ヶ月経つと、月次決算をしなくてはなりません。
1ヶ月分の取引をまとめて把握するわけですが、その方法としては、各科目の残高を一覧表にして示します。
この各科目の残高を示す表が「試算表」と呼ばれるものです。
従来は、総勘定元帳の残高を全ての科目について計算し、全ての残高を一覧表にまとめることで試算表を作成していました。しかし、現在では手書きの試算表を作成している会社はほとんどありません。これも、コンピューターによって自動的に計算されます。ほとんどの会社は、コンピューターが作成した試算表を紙に印刷して利用・保管しています。

貸借対照表と損益計算書を作成する

貸借対照表と損益計算書は、試算表から簡単に作成できます。
試算表には、取引を表す5つの要素(資産、負債、純資産、収益、費用)がすべて計上されています。
このうち、資産、負債、純資産の残高だけを抜き出して、一覧表にしたものが貸借対照表です。残りの、収益と費用の残高だけを抜き出して、一覧表にしたものが損益計算書です。 貸借対照表は、決算日における会社のすべての資産、負債及び資本を記載しており、決算日における会社の財政状態を表示します。
損益計算書は、1年間のすべての収益とこれに対応する費用を記載して会社の利益を表示します。会社の経営成績を明らかにします。

一般財団法人夢かなう

ディスクロージャー資料

中小企業・ベンチャー支援

経営管理の基礎知識

リンク

お問合せ

平成24年11月20日より「財団法人商工環境開発センター」は「一般財団法人夢かなう」に商号変更いたしました。