経理とは

経理とは?

経理という言葉はよく耳にしますが、その仕事の内容をご存知ですか?
経理とは、会社など企業の日々の経済活動をお金の面から記録することをいいます。
売上がいくらあったか、商品をいくら仕入れたか。 そのほかにも企業にはたくさんのお金の出入りがありますが、これらをすべて正確に記録することが経理の仕事です。 経理の仕事の目的は、「企業がいくら儲けているか」、「企業の財政は良好なのかどうか」を客観的に示すことにあります。 企業内部でこれらを把握するだけでなく、外部にも報告する必要があります。 外部にこれらの情報を報告する目的で作成されるのが決算書です。
経理の仕事では、この決算書を作成するための「決算」の作業が非常に重要です。

「決算」が経理のメインイベント

経理の仕事は「決算」を中心に回っています。
「決算」とは、毎年ある特定の日を決めて、その日までの1年間の売上や利益を計算することをいいます。 その特定の日のことを「決算日」とよびます。
もしあなたが会社に勤めているのでしたら、経理部の人たちの働き方をよく観察してみてください。 経理の仕事には、忙しい時期と、あまり忙しくない時期があることがわかります。 忙しいのは、決算の仕事をしている時期です。決算日から2ヶ月間が決算の仕事で忙しい時期です。 反対に、少しのんびりしている時期は、決算の仕事がない時期です。
決算の仕事が大切な理由は、決算が「会社の成績発表」の作業だからです。 日々の集金業務や支払い業務も欠かせない仕事ですが、これは会社の外部に発表するものではありません。 一方、決算をすると、会社はその年の経営成績と財政状態を株主などに報告する義務があります。 決算というのは経理にとって年に一度の晴れ舞台ということなのです。
学校でも日ごろの練習成果を発表する運動会や学芸会は、その準備にとても時間がかかりますが、これと同じことなのです。

税金の申告なども決算作業のひとつ

会社がその利益から税金を納めていることは、どなたもご存じでしょう。
会社が納める税金の計算もこの決算の作業のひとつです。
会社が納める法人税は、会社が1年間に儲けた利益に対して課されるものです。 ということは、会社が1年間にいくら儲けたかを計算しなくてはなりません。ですから決算をしないと会社が納める税金の計算もできないのです。 同時に、会社が納める税金がいくらであるかがわからないと、最終的に会社が1年間に儲けた利益を計算することができません。
このように、決算をしないと税金を計算できず、税金を計算しないと決算できないという関係にあるのです。税金の計算は決算作業のひとつです。 そして、税金の計算をした「申告書」を税務署に提出する作業も決算においては非常に重要な仕事のひとつとなっています。

新年度の予算策定

経理の仕事で最も重要な作業が決算であることは、先に説明しました。
決算は、会社が1年間の営業活動を終えた後に行うものです。
これに対して、会社が1年間の営業活動を始める前には、予算を策定することが必要になります。
予算とは、1年間の売上と経費がいくら発生するかを予め計画しておくものです。 売上の予算というのは、営業部門の目標金額ということになります。 反対に、経費の予算は、会社が1年間に使用できる支出上限額を意味します。 営業部門が目標どおりの売上を計上し、全社的に経費を上限枠の範囲内に抑えることができれば、会社は1年間の営業活動を終了した時点で当初予定したとおりの利益を計上することができます。 もし、売上が目標に届かなかった場合や、経費が予定をオーバーした場合には、会社は当初予定を下回る利益しか計上できません。 会社が少し大きくなると、この予算は欠かせないものとなります。 なぜなら、経費の支出限度がわからなければ、節約しすぎて十分な営業活動ができないか、経費のつかい過ぎに陥るおそれがあるためです。また、売上の目標がなければ営業マンは漫然と営業活動を行うことになってしまいます。
予算が策定されていなければ、会社はスムーズに営業活動を行えません。

現金の動きは毎日記録

経理部門のルーチンワークの中でも、最も基本的な作業は、現金に関する経理処理です。
会社の経理部の金庫には、たくさんの現金が入っています。 現金の出入りがあった場合には、経理部門では必ず即座に帳簿に記録を残します。最近では紙の帳簿を用いている会社は少なくなってきており、ほとんどはコンピューターにデーターを入力します。 会社の現金が動く取引には様々なものがあります。 売上代金の集金、仕入代金の支払い、出張旅費や得意先を接待する際の飲食経費などです。小口の経費は現金で払いだされるケースが多いでしょう。 経理部ではこれらの出入りを随時記帳(またはデーター入力)しているのです。そして、毎日現金の有り高を数え、帳簿で計算される現金の残高と一致していることを確かめます。
面倒なようですが、経理部門では必ず毎日行う作業です。

毎月の報告資料作成

会社の経理部は、毎月決算作業をしています。
こう書くと、先ほど「決算は年1回」と説明したことと矛盾するようですが、会社は本決算とは別に月次決算を行います。
確かに、会社が株主など外部に報告する決算は年に1回(中間決算がある場合、年2回)です。株主や税務署はこれで満足してくれるでしょう。 しかし、会社の経営者にとっては、1年に1〜2回営業成績についての報告があるだけでは、情報が不足します。日々変化していく会社の状況を把握しながら、的確な経営判断を下すためには、少なくとも毎月1度は決算の情報を知っておきたいものです。 そこで、経理の仕事として、会社内部で毎月の営業成績を把握する目的で簡易な決算をします。これが月次決算とよばれるものです。
月次決算は原則として外部に公表しません。 月次決算は、会社がどれくらい儲かっているかを経営者が理解することを最大の目的として行うものです。 ですから、株主や税務署に報告する決算と異なり、厳密な金額や規則に従った形式は必要ありません。 形式を整えることよりも、早く計算して早く報告することが要求されます。経営者としては、会社が儲かっているのかそうでないのかを毎日でも知りたいくらいなのですから。 そこで、月次決算にあたっては、本決算で行う作業のうち時間のかかるものについては、概算で計上したり、見込みで計上する方法がとられています。例えば、減価償却費については、年間予算額の12分の1ずつ毎月計上するといった方法です。 経営者は、月次決算の数字を見るときに、予算と比較してみて営業成績が予定を達成できるかどうかを検討します。また、前年同月と比較してみて、会社の営業成績が前年を上回ることができるかどうかに神経をとがらせます。 ですから、月次決算にあたっては、経営者がこれらを間違うことなく判断できれば、多少の誤差があっても差支えありません。
システムの整備された会社であれば、毎月の月次決算は月末から10日間以内に出来上がります。

「経理」と「財務」の違いは?

「経理」と「財務」という二つの言葉は同じような意味で使われることが多いのですが、本当は少し意味が異なります。
「経理」とは、日々の取引を記帳し、決算書などの報告資料を作成する一連の作業をいいます。
一方、「財務」とは、日々のお金の流れを管理し、資金繰りがショートしないように、銀行からお金を借りてくる仕事をいいます。 この2つの言葉は厳密には使い分けられていないことが多いようですが、同じ会社に経理部長と財務部長の両方がいる場合など、このような意味で使い分けられています。ただし、小さな会社では経理部長(あるいは財務部長)がどちらも担当しているケースが多いようです。 財務は主に資金面の仕事ですが、財務にとって経理は欠かせません。 なぜなら、銀行にお金を借りに行くと、「あなたの会社の決算書を見せてください。決算書が良ければお金を貸せますが、決算書が悪ければお金を貸せません」と言われるからです。 経理の仕事は日々の取引をひとつずつ記録していくという地道な作業ですが、この積み重ねで作成される決算書はお金を借りるときに最も重要な資料となります。
経理と財務の仕事は切っても切れない関係にあるのです。

一般財団法人夢かなう

ディスクロージャー資料

中小企業・ベンチャー支援

経営管理の基礎知識

リンク

お問合せ

平成24年11月20日より「財団法人商工環境開発センター」は「一般財団法人夢かなう」に商号変更いたしました。